VIOライン脱毛体験日記 <パート2>

脱毛サロンのスタッフ

カウンセリング予約をして、脱毛サロンへ向かいました。

 

これはどの部位を脱毛する場合でもある流れで、まずカウンセリングで肌の状態毛の状態体調などをチェックしてくれます。

 

また疑問に思ってることや、毛に関して悩んでることなども聞いたり、相談したりできます。

 

Vラインの形や脱毛後のイメージなど、どうするかほとんど決めてから行ったのでカウンセリングはとてもスムーズに進みました。

 

カウンセリングは無事終了し、次の予約を取って帰宅。次回から脱毛がスタートです。

 

ここで脱毛初心者の方にお教えすることがあります。

 

覚えておきたい脱毛前のこと

お風呂で剃る

それは、脱毛当日か前日に、脱毛する部位のムダ毛を自己処理しておくということ。

 

カミソリとか電気カミソリなどで出来る範囲(手の届く範囲)を処理すればOKです。

 

今回脱毛する場所はVIOということもあり、ちょっと自己処理に苦戦しました。(汗
傷があると脱毛できなくなるので慎重に慎重にやりました。

 

 

いよいよVIOライン脱毛決行日。
サロンに到着し、用意されているガウンに着替えました。

 

友人からデリケートゾーンの脱毛は他の場所と比べると痛いよと聞いていたので、ちょっとビビッて待機していました。

 

施術が始まってみるとやっぱり話の通り少し痛かったです。
特にIラインは。

 

これでキレイになれると思うと耐えれる痛みだったので問題なかったです。
痛みの感じ方は個人差があるので、全く痛くない方もいるそう。

 

ちなみに私が体験したのは計6回のコースのです。
もっと回数を増やすこともできるみたいでしたが、6回で大丈夫そうだったので価格も安いし、このプランでやりました。

 

実際脱毛し始めての感想

サロンのスタッフは勿論女性ばかりなのですが、他の部位に比べるとやっぱり恥ずかしかったです。
初日はとても恥ずかしい気持ちでいっぱいでしたが、2回目以降は慣れたのか、そんな気持ちは無くなっていました。(笑

 

 

どんどん毛が無くなってさっぱりして、多少痛みがあってもやる価値は非常にあるなと思いました。
脱毛サロンのスタッフの話によれば、陰毛の脱毛をする女性は急激に増えているらしいです

 

女子高生も結構やってるみたいなので、数年も経てば、かなりの女性がVIOライン脱毛済みになるかもしれませんね。

 

VIOライン脱毛に関して注意点がありました。
それは生理中はデリケートゾーンの場合、脱毛できないということです。
きちんとその日を避けて計画的に予約を入れないといけません。

 

気になるVIOライン脱毛後の感想はパート3をご覧ください。

 

管理人の脱毛日記パートB

 

管理人が選ぶVIO脱毛のおすすめサロン

体験談から選ぶ脱毛サロンランキング

脱毛日記 <パート2>関連ページ

脱毛日記 <パート1>
VIOライン脱毛の必要性を感じ、脱毛サロンに予約をいれるところまでが書かれています。
脱毛日記 <パート3>
VIOライン脱毛の良いところ3つと、私の結論を書きました。